PrevNext

Initialgh

環境改善事業を事業構造に取込む

Discover

都市型新技術農業法

Iot & EtherCAT

カーボンニュートラル

都市型再生可能エネルギーのシアリング

FIND OUT

initial
green house

sdg_icon_wheel_3

クリーン技術で環境に配慮した、優しい都市型水耕栽培

人工気象技術により、公害や豪雨に影響されない農場を都市につくる。
都市の大気を浄化し自然な酸素を供給します。

最小限の水と最小限の肥料で、土壌栽培と同じ野菜や果物がを栽培します。
光合成を促進させるためのパルス照射技術や特定スペクトルの照射技術を使用し光合成を促進させ、成長を早め、植物の形成を整える農法です。

都市型の水耕栽培農園は一般の農園と比べ一つ一つが小さく、6次産業化しにくいと考えられていました。これをクラウドシステムで、各小規模水耕栽培農園を管理し、initialghのスタッフが一元生産することによって、共同生産、共同販売、共同の作物の製品化が可能になります。
食料自給率約38%の日本で、多くの食料は海外から輸入されます。
船や飛行機と乗り次ぎ、自動車でスパーまで運ばれます。食卓に辿り着くまでに多くの炭素を排出しています。
街で食物を生産することは、その余分な運送で消費される排出ガスの消費を抑え、また、防腐剤や日持ち剤の使用を抑えることが出来食の安全やフードロス削減に繋がります。
食料が最大の消費地で生産されることによって、元の生産地で食料が余り、途上国の人たちにも野菜や果物が手が届く食べ物であってほしいと考えます。
フードロスによって排出される温室効果ガスの量(二酸化炭素換算)は36億トン。世界の温室効果ガス排出量の約8%です。

私たちは光合成の効率化技術と肥料化学の技術開発結果を利用して、
一般の土壌栽培より、新水耕栽培では、栽培植物によって、倍近い速度で野菜を栽培できます。

もっと読む

自然・再生可能エネルギーを効率的に

もっとよむ

Translate »